〈《切韻輯》札記〉

  1. →敍例
  2. →平聲上
  3. →平聲下
  4. →上聲
  5. →去聲
  6. →入聲
  7. → Bottom of this file

切韻輯札記序

<『切韻輯』「札記」前言>
  嘗作「張本廣韵小紐一覽」,査再四, 纔識無之難;以周氏校語一一傍引之,嘆莫 及先生向學之宏。過兩年,从師借覽王志成 『廣韻作業』,互相訂正,援引周校,便師友 當尋之貴,原書應繙之重,到交感覺之。是以 始依吾表爲坿于廣韵紐○號之右側,又从 師之言爲廣韵圖,漸冩三轉,知音理之整 也。抑反切表者,有上田氏正『切韻諸本反切 総覧』一書。以書錯綜不遑全査,故視其次 序爲與陸順不齟齬,以坿其于廣韵紐○ 號之左側。至此,可尋廣韵紐次之所承焉。
昨夏,讀李氏永富『切韻輯』全八册,并以所列 卷與其考證爲據,而坿圈于廣韵正字。陸原 橙,陸首朱,増加,増首紫:是也。又加傍 線于廣韵不載字。廣陸原委,雖然有不明之處, 仍知殆確鑿可尋矣。夫李氏之書,其目的與特 長,亦可謂當在于此。
進行作業,間有疑;李與上田,其次不合, 則驗照片,考兩氏之據。又宜參他紐及輯 之處,有之。當爲鼈脚之文,略作頭注,坿之。 中引書,示頁于脚。以佐助永書目的與特長之 完遂,爲準。暮,陪之言辭,爲此札記。
一九九五年正月五日      伊藤祥司識

敍例

四 古叢書覆宋本
  遵義黎氏庶昌刊覆宋本是也

平聲上

 廣韵
  此紐原有第三字「」及注「器虚也又音 蟲」六字。翦落之
一二一一 廣韵〔衣/袂〕
  當从巾作𢃐、澤存堂本及周校所謂北宋本 並不、巾箱本譌作、鉅宋本作𧚬、元泰 定本正文及注譌从
二四 王三恭紐末[如從又又()]字
  參鍾韵恐紐末尾(三八一〇
三八一〇 王三蛩紐末尾
  參冬韵恭紐[如從又又()]字(二四
四七 『』加
  『』加
七八 『』字注
  「[虫遂]」當作「𧏿
一五八 陸韵
  呼紐李氏以爲五字、紐末當補「[心夸(于從{汚無水})(如x6057)]」及注「 怯」一字
二三一一一 陸韵氣
  此𣱦字之筆
二六五一四 廣韵濡紐
  切殘TID一〇一五云「陸入寒韻不切今 別」
二七四一一 頑紐
  此字廣韵入𤸷紐五還切下
二七六一〇〜一二 王三紐廣韵[女+羅{厂羅無維}無維()]紐
  此不當隔行

平聲下

一二 字
  此家字筆
二五一〇〜一一 陸韵詮紐
  若采輯之説則此紐是十二字而紐末當有「 及注「」一字
三一〜七 陸韵
  此字及注當在前矣。字之處、當作「」字及注「美皃」二字。紐字當標十 二也
五九七・八之間 [九繞虎(儿作几)(cf.@211626)(虓)]紐
  韻末所列刋本殘部(六五)疑該當于 此紐。或宜列入于此
六五 刋本殘部
  此部分該當于[九繞虎(儿作几)(cf.@211626)(虓)]紐(五九三〜十四)
九八 案此小韻訛字
  訛、𧦭字筆
九四一〇九五九五十四 紐・
  此兩個小韻驗之於諸巻當序于
九四一〇一一 陸韵・切三徒
  切三切下字驗之於照片不疑作和字。蓋 安先生偶冩之也。然則陸韵切下字亦當作 爲和、輯察語「陸韻疏」云云當改正謂 爲和字陸韵固然者矣。紐(九八) 亦同
九五・三 徒
  何原作和、安先生筆冩偶誤爲何。見九 四一〇・一一條
九八〜五 𧦭字輯
  兩紐切下字、按之於切三原照、既而 昭然作和字。且兩紐實爲次序于之後 也。然則此紐以前自蹉紐十七並屬開口 而切下何過半、蓋切三抄因此
九八 陸韵奴
  當作奴和反。見九八七條
九八 切三奴
  此切三切下字何驗之於照片作和。蓋陸韵 固然者矣。因此陸韵切下字亦當作爲和、 輯察語陸韵疏云云當據改正也。紐( 九四一〇)亦同
九八一二・一三 奴和反
  此切三切下字何驗之於照片作和。蓋陸韵 固然者矣。因此陸韵切下字亦當作爲和、 輯察語陸韵疏云云當據改正也。紐( 九四一〇)亦同
九九一・二之間 𨹄
  兩紐當序于此𨹄
一一二 陸韵焉加反
  見一一二七條
一一二 切三焉加反
  按切三原照片、此切上如烏字
一一二一二・一四・一一三 輯
  見一一二七條
一三六 𩈻
  按王二王三廣韵皆列于蚶紐前。切三列于 蚶紐後者、疑以抄寫卒致偶先筆𩈻
一四六一二 輯
  州者下蓋當補爲
一六七 輯呼光切𥉂下云狼𥉂南夷國名
  此兩𥉂字按廣韵作
一八一一二 製韻之疏
   
一八三一四 切三詩榮反
  此切上字按照片蓋許字也
一八四 輯
  見一八三一四條
二二九一〇〜一二 輯
  參二五四〜九條
一四〇一二 王三蒲[水+世冠{冉上不出}(溝)()]反
  溝在侯韻
二五二 廣韵紐千侯切
  此紐、王二王三附于幽韻之末、云千崔 反。侯之俗寫、頗近似隹
二五八・六 王二・王三
  此紐、廣韵附于侯韵之末。隹在脂韵、千 屬清母。侯之俗寫體頗近似隹字
二五四〜九 
  在尤韻鳩紐下王一王三分別紐各切居 居糺。參二二九一〇〜一二條
二九九一三・一四之間 
  王一王二王三廣韵皆列興紐(三〇一 )于此。見三〇二〜一一條
三〇〇一一・一二之間 
  王一王二王三廣韵皆列紐(三〇二 )于此。見三〇二〜一一條
三〇二〜一一 
  此紐、王一王二王三皆次于紐(三〇〇 )後、廣韵亦同。按、四本各有承而 此則同序、興紐亦在紐之前。若以興在 前爲陸氏原次、則以前爲陸氏原次 亦比較合理。然則此韵末切三無増加而此紐 爲偶然脱興紐爲脱寫追書矣。否則四本脱 三紐以先書興紐、而増此紐于前、 加以後加紐、比較不合于例也。此或李 永富氏偶會過信切三之
三二〇 廣韵嵌紐
  參王二紐(三一九八)

上聲

五・六之間 
  王二王三廣韵皆列𨑊紐于此、王一殘缺不 可窺、切三獨寫于韻末。見〜三條
〜三 𨑊紐輯
  此𨑊紐、王二王三廣韵序于蓊紐之後。 案切三無増紐之韵其例多也、又他巻次于中 間而切三列于韻末之紐亦有興一紐(見平聲 下三〇二〜一一紐條)、此在他巻中 其次一定、未必以𨑊後増也
四〇一〇〜一四 
  此紐、切三以外、書置于侈前。蓋切三 卒落紐二字而冩于其直後者也
三〇 王二字注陸本別名
  名原作出
三〇五〜九 紐輯
  王二王三因之王二別注刋訂語云云王二當 作王一。王一併於本紐云云王一當作王二。 見四四
四四〜一一 
  參三〇五輯第二六二條
四四一一・一二之間 𦧇兩紐之後
  王一紐在此。王二無(在紐云陸本 別出)而有紐、廣韵亦同。王三次紐于 韻末
四九一四〜五〇 
  王一次于紐後。王二而有此、廣韵 亦同。王三次于韵末𪖪紐之後
六四 王二唯紐
  宜依輯而參黹紐(六六四)
六五一〇 王二
  末[山冠虫+攴(如@013326蚩攴)]夂二字當置于黹紐
六六 廣韵
  廣韵置此紐于韻末
六六 王二黹紐
  宜參紐(六五一〇)與唯紐(六五 六)及輯第二八六條
九四一〜二 紐輯
  此廣韵切下字與山之蓋因與之俗寫似 山之草體也
一一五〜一〇 王三
  宜參語韵末後増之紐及輯第三一九條 (一〇七四〜六)
一四九一二 灑紐
  宜參「刋」伯希和五五三一之二
一五〇〜四 [Y貫一()]紐
  宜參「刋」別葉伯希和五五三一之二。「王三」駭韻之 末有別筆小書孤買三字
一九〇〜五 粉紐輯
  枌字及注扮動云云澤存本作扮
一九七一一〜一二 
  字、廣韵置于準韵紐之後(一八八 一二)。此紐之音、宜參紐(一九八
一八八一二 
  而王一王二置于韵之末(一九七一 一〜一二
一九八 
  此紐之音、宜參王一王二之紐(一九七 一一〜一二
二〇四 陸韵婉紐
  第三字筆、當作苑之字
二二四一〇 切三滿紐
  切三別有懣紐亡伴反又亡本反一(二三〇
二三〇 切三懣紐
  參二二四一〇條
二三七〜二三八 𪗙兩紐
  此兩紐切一之順。王一王二并逆次。廣韵 則與切一同
    
   
二三八 [丱冠見(@075287(類x83a7))]紐
  字、廣韵作莞、入紐末(     
二三八 切三[丱冠見(@075287(類x83a7))]紐
  此紐、切三置于𪘪𪗙兩紐之間。蓋切三𪗙 紐卒脱追書而𪘪紐不及補之者歟
二六一 吮兩紐
  此兩紐、切三之順、廣韵王三則逆次、王 一乃上下殘缺不可窺也
二六三・一二〜一四 陸韵巻紐及輯
  此切上字、伯希和三六九三亦作居、或 當依爲陸氏之舊歟
三二五 輯
  又胡反胡卦反云云、又胡之下當補卦字
三〇三〜一〇 鎖紐輯
  廣韵麻韵云云、麻當作馬。切韻王韻作云 云、此切韻王韻指王一王三而言
二七八 陸韵小
  此當作少
三〇三一〇 鎖紐輯
  廣韵麻韵云云、麻當作馬。切韻王韻作云 云、此切韻王韻指王一王三而言
三一一四・五之間 𨵌
  王一王三及伯希和三六九三、置[女卮()]紐奴果 反于此𨵌前。廣韵亦置之于紐之後。 切三無此紐
三一五一三〜十四 
  此紐、王一、參輯第四七四條(同頁)
三二四 輯
  一作慈野切與陸韻王韻同云云、此陸韵王 韵即指切三王一王三而言也
三二二 王三𥪎
  此、參輯第四八一條(同頁)
三二四 輯
  一作慈野切陸韻王韻同云云、此陸韵王 韵即指切三王一王三而言也
三三二 輯
  當依陸韻王韻作糣云々、此陸韵王韵指 切三王一王三及王二而言也。或前行切三王 一王三云々王一之下當補王二二字歟
三四六八・九之間,一二 廣韵喊紐
  此喊紐與王一王三𠿑紐、不知相該當否。 呼曉工見、切上字母相異
三七二 輯
  慌與陸韻王韻合云云、此陸韵王韻指切 三王二王三
三七三 
  伯希和三六九三有此紐云新加
三七四 輯
  光與陸韻王韻合、此陸韻王韻指切三王三
三七七〜八 輯
  杏與陸韻王韻合云云、與陸韻王韻合云 云、此兩陸韵王韵指切三王三而言也
三九五 陸韵
  此陸韵紐字之數寫作二而冷下有第三字[{冂抱人}冠令()] 及注文、何如
四〇二〜三 愀字輯
  參輯第五七一條(四二三頁)
四〇二六・七之間 婦紐
  王二、此紐在厚韵之末、而其切下字作不 (見四二二頁輯第五六九條)
四〇三五・六之間 缶紐
  王二、此紐在厚韵之末、而其切下字作負 (見四二二頁輯第五六九條)
四〇九〜九 字輯
  宜參輯第五七〇條(四二三頁)
四一五 陸韵
  此陸韵紐字之數寫作八而不寫第八字及 其注文、蓋枸字王一王三所無而廣韵置于 前、切三紐字之數作八而垢以下殘缺數字以 詬紐尾、因不可以決定是否加字亦原 有也
四三二六・七之間 
  王三列蕈紐于此錦前噤紐後
四三三 王三
  王三蕈紐列在錦前
四三四三・四之間 
  王一王三置欽紐于此品前稟後
四三四 
  按王一王三此紐之前有後増之𩖄紐亦後有 後増之紐而飲紐在品之前也此廣韵亦同順
四三六〜四三七 
  依照其音王三𩖄紐廣韵𩒣紐王三𩒣紐廣韵 𩖄紐並相對者歟
四三九五〜六之間〜一〇 險紐
  王二宜參照頁四六五及輯第六〇七條。 此紐王一王三與广韵中互見、參輯第六〇七條。
四三九一三・一四之間 貶紐
  王二可參見頁第四六八
四四〇六・七之間 𩑳
  王二參頁第四六八
四四一八・九之間 儉紐
  王二參頁第四六七
四四二一・二之間 檢紐
  王二參頁第四六七
四四四七・八之間 奄前
  諂紐當在此。注、丑反一。見四四六 七・八之間條
四四四一〇・一一之間 奄紐
  王二參頁第四六七
四四六七・八之間 
  此當補「切三」〔丑/一反〕。按之于照片、陜紐後 奄前確有此紐也安先生脱之
四五一〜六 字輯
  詳見第五八二條(頁第四三八)
四五五〜六 濫字
  濫字廣韵置于檻韵檻紐。參輯第六〇三 條(頁四六二)
四六二一三 陸韵
  此行不當有二大空格
四六五一〇 輯並云通作
  並云通作之並字未明其義也。廣韵不云 此三字。
四六五一三 王二險紐
  參頁第四二九
四六七一一 王二儉紐
  參頁第四四一
四六七一三 王二奄紐
  參頁第四四四
四六八 王二貶紐
  參頁第四二九
四六八 王二𩑳
  參頁第四四〇

去聲

一四 輯
  此泉字當作宮
一二 [{章+{降無阜}貝}冠心(如x6207)]紐
  王三及伯希和三六九六之二無此紐。此 紐以下三紐伯希和三六九六之二所無、蓋 後増歟
一二 銃紐
  伯希和三六九六之二無此紐。參一二五條
一二一二 
  伯希和三六九六之二無此紐。參一二五條
一九〜二 輯
  広韵字在種紐第二位、字正在紐之 首
三一〜七・ 易・
  伯希和三六九六之二亦分兩紐音以
三二 集韵引字林作𩈭
  此字宋刻作[面此()]
三四 王二吹紐
  王二此紐列于[禾内()]𧙁兩紐之後
三六 
  伯希和三六九六之二及王一王三此紐列于睡紐 之後此廣韵亦同序
三九五・六之間 
  紐(頁三六)、王一王三及伯希和三六 九三之二、置于此之前、廣韵同。按字王一 王三屬于翅紐王二則紐首字廣韵兩載之 或可視王二倒序之縁故歟
三九一一 
  紐以下王一王三紐序全同。而此紐序于 後。自以下廣韵亦同序
四〇 
  此紐、王一王三寫于最末
四〇 王二
  王二此紐前有𧙁紐與補漏之吹紐及兩 紐、後有
四一〜七 
  絃中(説文云維綱中繩(玉篇零巻引、 綱作絃))廣韵段改作絃中繩。參輯第七 六二條(一八六頁)
五五 輯當從王篇
  王當作玉
六一 王二四紐
  字廣韵入志韵式吏切下、參輯第六七 二條(頁七三)
六七 王三示紐
  參自紐及輯第六六八條(同頁)
九一・七 輯
  曁當作䀈
九二一二・一三之間 慮紐
  此紐王一、參御紐末四字及輯第六八九 條(同頁)
一一八〜五 足紐
  若依王一注云「案字陸以子句反之此足 字又以即具反之音既無別故併足」則此非是 後増也。王一紐又收足字。廣韵以紐 子句切第二字。韵注云加者、蓋此紐于原 位落而末附之也
一二二 菟字之上
  此行菟字之上、當補「王三」標之
一二五〜六  
   
一二七 
  韵此紐末三字、參袴紐及輯第七一五 條(同頁與前頁)
一二九 輯
  艇巾箱本同、當作[舟延()]巾箱本同
一三二・六 渿字輯
  按段氏説文解字注、篇十一上二、葉廿五 注云一本作沛之
一四〇六・七之間 
  王二、參紐末(同頁)
一四一〜七 字又音輯
  此書開口牙喉音字切唇音合口字也[ 代表的中古音系唇音無開合之別]
一四四一一 [宀{山冠宗+又}()]字
  王三此字、廣韵入于
一六一一四 [之繞竹余(如@026406)]字輯
  切三作又以下二字、當作宅加(參平聲頁 一五七行八)
一七八〜五 字輯
  參輯第七五四條(前頁)
一八二一一 廣韵後増𨮱
  此紐在于[足丗()]紐後字之前
二二三一四  
  此行「廣」當作「
二二六 紐王一
  參輯第七九一條(愾字。前頁至同頁)
二三二一〇 輯韵同
  當作廣
二三六〜九 [二門蟲(如@033949)][二閃()]兩字輯
  參輯第八〇六條(頁二四〇)
二五六一三〜一四 
  此[手+麻垂糸()]二字、廣韵入問韵(今音)[手+鹿垂糸()]作
二六三一四〜二六四 飯紐
  此頭注及復元、以原有。按王二或 存疑之據
二七五 輯廣祖悶反
  廣當作
二七六 輯廣注云光也
  光也上當有出字
二八八一四〜二八九 𢿜字輯
  注中𢾡字、參輯八五〇條(頁二九一・ 二九二(第六册初))
三一一〜一二 字輯
  參輯第八七一條(頁三一七)
三一三〜八 𣑭
  此紐、王一王三韵均次于紐後
三二三〜九 輯擔乃擔字之譌
  此檐擔兩字未明李永富氏以孰字
三二三〜一〇 字輯説文與韵同
  當作廣。説文十四篇上、段注本葉五十 一右行一有之
三三〇一一〜一二 遍字輯
  參三五二頁及輯第九一一條(頁三五二 )
三四二一〇〜一一 輯摶巾箱本同澤存本作搏與王二合
  此當作摶澤存本同與王二合巾箱本作搏
三五八一〇・一二 𥦒
  此紐、斯六一七六次于新加紐之後
三五九 
  説文八篇下(段注本廿三左四行)有之、 可以參照
三七二 王一紐昌召反
  廣韵寔照切下字(三六三四)注云又 尺邵切、蓋是此紐之音矣
三八四一〇〜一一 字輯
  廣韵上聲晧韵有𧇼字其注文云亦作
四一九 輯東方之北者
  北當作美
四二一 氏義疏云
  爾雅疏下之七、葉第六右
四四四 輯説文此此
  下此字當作字字
四七七 王二榜字
  此榜字、王三韵廣韵入(廣韵避映)。 參輯第九九五條(頁四七五)
四八一 王二
  參輯第九九六條(韵。頁四七六)
四九二一四後  
  廣韵勁韵防正切字(四八四二)有又 音蒲徑切
五二九一二 輯齒怒
  此齒怒下當有皃字
五五七 廣韵𦲯
  此字、王一王三有梵韵最末
五六六〜七 字輯
  此下斬切韻是上聲(頁四五五)呼覽切 喊紐是敢末新加(上聲頁三四六)也
五七〇・八 
  此二行當補作
王一」○[艸田ハ夂()]〔𡚶泛反草/木蕪[艸田ハ夂()]〕
王三」○[丱田ハ夂()]〔妄泛反草/木蕪〃〕
此紐、廣韵入五十七韵。參照五五七頁及 輯第一〇四四條(頁五五六)

入聲

 切下字
古當作谷
 「鼎實」
當作
二五 輯澤存本作
  鳩當作
四一 王一
  參輯第一〇九二條(頁四三)
四四一一〜一二 𦞦字輯
  按廣韵、屋韵呼木切下𦞦(頁一一)
九六一三 輯切三王一王二
  王二下唐上當補王三・・二字
九六一三 説文云[車必()]車束也當據正
  、三篇下、段注本四左八行
九八一一 廣韵
  切三王一王二王三字、參輯第一 一六八條(頁一三八)
一一八〜九 廣韵
  此字、廣韵而外各書別立以紐。參輯 第一一五三條(次頁)
一二二 輯廣注云殷執曰旗
  旗當作戚
一三八 輯切三王一王三[病朮無丙(@022095)(但朮作木丶)]字在質韻
  王一下王三上當有王二兩字
一六〇 輯王一廣作薩
  薩當作[艸阜立生()]
一六五〜一六六 [口賛(@004497)(如x56cb)]字輯
  長笛賦依本文作
一六七一二 輯廣雅釋木云寓木苑童
  按廣雅疏證釋木不見其文、爾雅本苑作 宛
一八〇・五 王一王三軋紐
  參後増紐(一八四・八
一八四・八 
  參軋紐(一八〇頁)
一九一一一 輯丁刮反又多活反
  多上當有又字
二〇三 輯[是鳥(@086800)(如x9d97)]鳴之鳴澤存本同
  按澤存堂本作
二〇八 輯段改作[如蚌一呉無虫口()]與説文合
  此段改當作。説文見十篇下段注八右
二一七 輯
  下唐字當作廣
二一九〜一二 字輯
  説文見六篇上、段注六十五左七行
二二二 輯與説文合
  説文見十一篇上二、段注四十一右七行
二二二 輯切三王二王三注云
  此王三當作唐韻、王三注云草木殘
二二二一三 輯切巾箱本作去竭切
  上字當作丘
二二六一二・一三之間 缺紐後
  王三唐韻廣韻列紐(頁二四四)于此。 切三則無。月韵(頁一二三)切三注云此字 亦入[艸{阜+立冠末()]部、王三注云字此亦入𦵮部、伯希和 三六九四背注云此字亦[艸{阜+辛一}()]部。參輯第一一五七 條。
二三六一三 王二蹶紐
  參韻末紐(頁二四三)
二四二〜五 
  樹殊兩字母、處昌三字穿母
二四二一三〜一四 音輯
  滑屬韻、參王三注今音
二四三 
  參丿紐及輯第一二四八條(同頁)
二四三一三 王二
  參蹶紐(頁二三六)
二四四・一〇 
  參頁一二三輯第一一五七條。見二二六 一二・一三之間條
二五四・六 字王二
  見頁二九一行六
二五四 輯與禮合
  同或當作
二五四 段氏説文注火部𤈑
  見十篇上四十九葉左八行
二六二〜八 𥆛
  參昔韻紐(頁二七六)輯第一二七四 條
二六二一一〜一三 𣤩字又音
  丑恥透徹、竹是端知
二六六一二 [如羅幸収無維()]在𠬞
  見三篇上、段注三十六右九行
二六六一三 輯
  當作[大冠羊無二()]。見十篇下、段注十二左六行
二七一一三 輯作朿
  朿此當作束
二七六一四〜二七七 𥆛字輯
  參錫韵後増(頁二六三)輯第一二六一 條
二七七一一〜一三 碧字
  碧字、王二入陌韵音反、王三入麥韵 音陂隔反、參輯第一三〇二條(頁三一〇 )及頁二九一
二七八一四 𦳮
  伯希和五五三一之四有之
二七九 𥄎
  伯希和五五三一之四有之
二八三一四 刻本〔五五/三一〕
  此五五三一者、伯希和番號也
二八五 王二[如從水爪号虎無口(如@018625)]字
  參輯第一三〇〇條(頁三〇八)
二九一 王二
  此字廣韵入錫韻他切下、參輯第一二 五六條(二五四
三一〇 碧字輯
  此碧字、伯希和五五三一之四亦入麥韻。麥頁 二九一、昔頁二七七
三一二 説文云合也
  見八篇上、段注十九右八行
三一二一〇 廣注云
  元泰定本亦作
三一八 澤存本飛下有皃字
  元泰定本同
三二二一二 明本作于合切
  曹本同
三二二一四 韻鏡字在
  元和本・天文八年本・享祿本・寛 永本・古義・易解・磨光並位
三三〇一二〜一三 字輯
  此字切三作[皷冠合()]王二作[皷冠金()]、王三廣韵又入他 合切下、見頁三一五
三三三・八 恰紐韵次行
  第七行當刋」、第八行當廣」
三四一・三 澤存本作丈
  元泰定本同
三四七一四 澤存本作
  元泰定本同
三五〇〜六 澤存本作二十二
  鉅宋本元泰定本同
三五八 作目不記
  鉅宋本同
三六〇一〇〜一一 𣄉字輯
  見册第四頁四四五(上聲韵奄紐輯) 及四六七(王二)
三六六 王三注云箱亦作
  此字是之譌體
三六六一三 洽澤存本元泰定本同
  鉅宋本亦同
三七一 輯注云新加
  此新字當
三七三〜六 𠦫字輯
  説文𠦫字見三篇上、段注六左六行
三七九一〇 
  鉅宋本元泰定本作
三八二 輯張改作鳴短氣
  此上當作嗚
三八四一〇 廣作斟日本宋本影宋本同
  元泰定本鉅宋本亦同
三八四一一 在十部
  見三篇上、段注六右六行
三八六一〇 字輯
  鉅宋本作[水丿ソ生無丿()]、元泰定本作[人揺無手()]
三八八一二 [衣羔()]字
  鉅宋本作、但𧘑亦从。元泰定本作[衣羔()]
三九五一一 玉篇或體作𧍕
  見篇下、巻廿五虫部第四百一、澤存本四 十二左九行。𧍕注云同上又其
三九八 與紐具切音同
  紐見次頁第六・七行
三九八 
  鉅宋本作𣪨、巾箱本作穀、元泰定本作[殻豕無几(@073355)(𣫔)]
三九八 輯澤存本作𧾱
  此作下當作𧾵。鉅宋本元泰定本同
四〇一 當依説文作[莫攴()]
  作下當作[墓歹無土(歹從{卜冠夕}(@068272))(x3c73)]。見四篇下、段注十一右五行
四〇四 注云礪石
  此四字之上當作
四〇七 兩字輯
  王二字注云波亦。玉篇中、雨部第二 百九十七有匹各二切雨也、別有匹 各切雨、𩅿匹各切大雨也
四〇八一〇 陸韵
  此當有第二字𢱢及注摸𢱢二字
四〇九一〇 死字
  澤存堂本作死、鉅宋本作[{立無亠}冠夕巳()]、元泰定本作 [如從[立無亠]冠夕匕()]
四二三〜八 廣韵抑𡊁
  此兩字、參輯第一三九八條(頁四三三 )
四二五一〇 也澤存本同
  巾箱本元泰定本亦同
四二五一一 日本宋本景宋本作官
  鉅宋本同
四二七 張改作
  鉅宋本元泰定本同
四二七 後書郡國志河南尹密縣
   
四二七一〇 [戈抱瓦()]集韻作𤬩
  集上當爲𢦭
四二八 廣韵稷注
  疑廣韵諸版云俗作稷者、或當作俗作禝歟
四二八一一 察説文云
  見五篇下、段注三左三行
四二八一二 此注食上當有即字
  有下當作[白冠厶+卩()]
四三〇 廣作𨨅
  鉅宋本作[卸或無卩()]、元泰定本作𦈸
四三〇 澤存本作叢
  鉅宋本元泰定本同
四三〇一二 𠷙聲日本宋本景宋本同
  鉅宋本元泰定本亦同
四三一・八 韵次行
  第七行當爲韵第二行。「刋」號當移位第八 行
四三四一一 詳輯第一三九六行
  六當作七。條一三九六頁四三一、條一三 九七頁四三三
四三五  
   
四三八一二 澤存本作
  鉅宋本元泰定本同
四四一一一 詳輯第四四〇一條
  頁四三八
四四九一二 澤存本作粢
  鉅宋本元泰定本同
四四九一四・四五〇 兩紐
  伯希和二〇一四之九亦有之

(本文,應募《大東文化大學漢學會誌 第四十四號》落選,評云:頭一無説明,文不能理解。時我不能解評意,而無法發表資用。因而于此HTML打鍵,2006年附于QYT。)

文第一義
台南李永富《切韻輯》勘案原文字數與諸冩本,推究得陸詞原文之大概。但因爲依《十韻彙編》・王国維所摸冩等之文,可惜考證過程不可避有錯誤。吾嘗訪問東洋文庫,入手冩本韻書照片,并用姜亮夫《瀛外燉煌韻輯》與上田正《切韻残巻諸本補正》,進行讐對判讀。因而可以訂讀李文,希以李氏究陸原爲完璧。讀者只付頭注各數字,得閲李書而不陷大。謂:閲《十韻彙編研究》等書,亦必可費相當之時間,就直探“《切韻》原貌”而言,不可得同時進行之利。
文第二義
訂正筆・標識存疑・指摘引書・推獎互參關連之條、以庶幾避讀者困迷。
文第三義
極力回避脱於原書之敍述方法、以可以李書讀李書與復原切韻。

打鍵者之能力限界,止于Unicode2與HTML4,不得已而今用幾種代替假記。
記號1
外字標如:→ [解字(@文字鏡番號)] ←、又用略語解説tags(Abbr)而保存字體之特點。
記號2
圍字標如:→ 王三」  刋」 ←。
記號3
小字二行標如:→ 〔某/々〕 ←。
記號4
各條末逗點、概原稿所無、今附之如→  ←。
記號5

提出時所附文(从 LCSK_COR.JTD 轉載):
冐頭:
* This Ritch Text File was made with the Just System Ichitaro 10, with the CJK, and with embed image files.
* About the Studies on the Middle Chinese Rhyme Book the Qie-Yun.
* Please install the Fonts, "MS 明朝", and "SimSun" and the newest "Times New Roman", to view it. (2002.02.),
Install the fonts, to better, "SimSun-18030", for view the words on Extention areas, "HAN NOM A","MingLiU-ExtB","細明體-ExtB","新細明體-ExtB","SimSun-ExtB","HAN NOM B","Sun-ExtA","Sun-ExtB".(2007.05.20.)


====================
= =
=                  =
= =
『「臺南李氏永富《切韻輯》」札記』 =
= =
=                  =
= 伊藤祥司=
= =
====================
末尾:
【『《切韻輯》札記』・終。】
====================
※この札記の梗概:
  當札記は、李永富《切韻輯》一帙八册を、その著書の切韻考證という目的で讀む爲に、必要な修正・補足情報を鼈書し、別途箇條書き用に改めたものです。
  現代で古音學の學習を進める時に、多少とも、今音學に屬する中古の韻圖と韻書の音理にも進むことになります。音韻學の學習上で、冩本の諸問題に關わるには相當の逸脱を喫しなければならなくなるため、先づ版本のある廣韵によって學習を進め、それを基本とするとのことでした。それはそうとして、《切韻》の韻序と紐序には獨得の意味が有った筈なので、その原流を得たいし、陸法言の字と後増の字とが區別できれば古音についても據が増える筈だろうという考えから、必要最低限の手順を自分なりに求めました。韻序と紐序等に就いて類似の考えによる研究は、青山學院大學の遠藤光曉氏の出す諸論文が、一般の考えよりも、より總合的に遺漏無きを期してゐるのですが、直接と追體驗という學習上の意義から、自分なりの別途を求めて支障が無いと考えたのです。音理に就いては北京の李切韵音系》を薦められますが、それらの學習上も出來たら望ましいことではあるのです。
  冩眞については、後掲のものよりも、《敦煌寳藏》で確認範圍が増せることもあるため、時代と優劣重複を厭わない蒐集の他に、將來に、人類最高にして最精な諸方法・諸條件でのカラー撮影を、別に希望します。
  北京の周祖謨《唐五代韻書集存》上下二册で見れる冩眞の他に東洋文庫からペリオとスタインの整理番号によってマイクロフィルム複写を求めた他に、姜亮夫夫妻の《瀛外燉煌韻輯》を、神戸の上田正《切韻諸本反切総覧》《切韻殘簡諸本補正》と影片とで比べ辿ることによって讀みました。そういったことで上田氏のほかには、嘉義の葉鍵得《十韻彙編研究》上下二册があります。
臺南の李永富《切韻輯》によって得られる筈の最大の成果は、ほゞそのようである原本切韻の姿を索め得るということですが、十韻彙編所收・王國維臨寫ということをそのまま繼ぐために、その限界を考證にも繼承しました。そこで、上田氏の讀みや冩眞などによって、少なくとも原本の姿に關わる範圍では確認するという手順によって、ほゞ原本切韻の姿を索めるという最高の目的では讀めることになるわけで、それ以上の詳細にして完璧な札記は、別途の作業としても一旦は差し支えが無く、あとはアイダに差していく手順などでも構わないわけです。
この札記は、原本を索める李永富氏の考證を冩眞と上田讀とで確認して讀んだ際に付けた鼈頭への書き込みがあり、それを箇條書き用に改め寫したものであり、李著閲讀の際に考證がそのまま噛み合うことを期したものです。この作業の成果は、當札記の他に、もとの鼈注本、そして得られた復原形《切韻》ということになり、切韻原有に就いての詳しい増減意見はそこから先のこととして、區切ることが出來ます。
  改作點
  ※李書と對應札記とでは「伯希和」が「伯」で表わされ、「伯林」と昏亂しない筈なのですが、今回ここの發表に就いては伯希和三字としました。
  ※また、もとの圍みは、今は傍線。今する添書きは[ここ]に入れます。   ※小字注は(左/右)で表わします。
  他に斷り書きする點:
  ※「元泰定本」とは今ここでは古逸叢書之十三にある覆元泰定本の影印です。
  ※「鉅宋本」とは今ここでは一九八一年上海古藉出版社が出版した複製本です。
  ※「曹本」は直接眼にしては居ません。
  ※「韻鏡」の版名は馬淵本に據ります。
  ※有無が不一致で倒順な收字や注に、朱の傍線を引くことによって李氏の考察趣意を切韻復元に關して追體驗しつつ數讀した結果、その時に出た増補を第二次分まで含むことにしました。
  ※「※」印は、特に再考したいことの目印しを寫したものです。
附記1:札記郵送への李先生夫人の手紙。(今姑從略)
附記2:切韻郵送への先生夫人の手紙。(今姑從略)

關係あると思われる説明文プリントの轉記:
 序に隋の仁壽元年とある陸法言の『切韻』は、現存する『大宋重修廣韻』の繁本が内藏するとして、漢語音韻學上最古の韻書として、研究對象とされている。切韻の原貌を求めた仕事としては、大きく二つあり、一つには神戸の上田正著書『切韻残巻諸本補正』『切韻諸本反切総覧』『切韻逸文の研究』、一つには臺南の李永富著書『切韻輯』は、『十韻彙編』を用ゐたものであることにより、それぞれの使用上に弱點が存在する。なお姜亮夫夫妻の著には補正する文を加えた數書があり、『十韻彙編』には葉鍵得『十韻彙編研究』がある。周祖謨『唐五代韻書集存』は各冩本等の冩眞に論を加えたものである。
 『切韻』冩本の檢討は、非常に煩瑣であって、音韻學そのものの學習進行を不可能とするとされ、從來は右記の書に委せて原本切韻に就いての作業は愼まれてゐたが、『切韻輯』は論も確かで、劃期的なものであった。ただし、その剪貼の基づく『十韻彙編』には、王國維臨冩の文を用ゐてあることから、王國維の冩誤を推論に繼承してしまうことがあり、上田正が『切韻諸本反切総覧』で示した紐序の推理と互いに異なる部分も參考になる。そこで私は「『切韻輯』札記」(未刊)を作って頭注することを容易にしてみた。なお、『切韻残巻諸本補正』によって冩眞と『瀛外燉煌韻輯』との三者を全て對較頭注することは大變に困難であって、私はまだ206頁の半ばまでしか了えてゐない。また『瀛外燉煌韻輯』に基づく不安というのは、字形を氣にしてゐないで臨冩してある點であり、それらは上田正著書自體の形式からは論究してゐない部分である。
 既に「『切韻輯』札記」(未刊)を作ると共に、それらによって一應の原本『切韻』(未刊)を作ってみた。なお、それには頼惟勤のいう韻首の孤立を色別にして、韻目下注を付けてみた。同時に市販の『廣韻』の影印に色圈していったところ、概ね初期切韻の字序が内藏されてゐてその下に唐宋の増加字が並び、そして『廣韻』での増加字が續いてゐることが判った。ただし、『説文』などににょる字と注の交替や、『爾雅』などにも見られる下部を増加字で引っ掛けて又増字するといったこと、も行われてゐた。なお、韻首の孤立での手法を、『廣韻』が開合を析けた韻でも繼承使用することなどが判った。
概ね右記が、私の『切韻輯』讀み時點での作業であった。
これらによって一應の原本『切韻』を得て他を考察することが可能となり、音韻學上でも特に古韻のことなどで『廣韻』でのことと異なりを見得る可能性が出て來た。

Typer: Shohji Itoh <benzo@a011.broada.jp> 281-52 Midzuno, Sayama-City, Saitama, 350-1317. Japan.
go Top of this file | →QYT Index | →復原《切韻》
 
この札記以後の項目:
平聲上◆四七−二『』加。
當作『』加。
平聲上◆七八−七『』字注
[虫遂]」當作「𧏿」。
平聲上◆二三六−四『』字注
[片羊][片可]」當作「」歟。
平聲上◆二五三−三『』紐第二字
當作『』。
平聲下◆二−一二「字」
當作「家」。
平聲下◆六−一二「𨚶」注「縣名」
當作「郷名」。
平聲下◆四八−一二『』或作字
當作『𢿏』歟。(支←→攴)
上聲◆七六−一〇『柿』字注
當作「木名」。
上聲◆七七−三紐首字
當作『俟』。
上聲◆八三−一二『依』痛
當作『』痛。
上聲◆二二一−一四『管』紐第四字
當作「盥」歟。(一←→皿)
上聲◆三二三−一〇『整』俗作字
當作「𠢫」歟。(攵←→力)
去聲◆一三五一四」福祭
」((帶所結也)「」)福祭。
入聲◆四一−一一王三第三字注
當作「ゝ𨬟矢名」。(羊←→辛)
入聲◆二三八−六『』紐第二字
當作「𪇲」。(雀←→𢧵)。